意識

本日は少しスピリチュアルなことを書いてみます
今年に入って少しづつ自分の体験を言っていこうと思ってますので
こういう話しにアルレギー反応を示す方もいらっしゃいますが、受け流してください

今日は休みだったのですが、県立中央病院で簡単な手術を受けました
でも時間は結構かかりまして1時間半位は手術台に横になっていたでしょうか
部分麻酔なので意識はしっかりあるのです
目を閉じて体にメスが入ると私の目の前には丸い光の玉が現れます
ありがとう、やっぱりついててくれるんだ・・・そんな気持ち
もう私にとってはあたり前になってることです
光は色んな色に変わって私を見守ってくれてます
光に集中すると私の体は何の不安もなくなり安心して横たわっていられるのです

この体験はもうかなり昔から始まってました
最初は訳がわからずに脳がおかしくなったんじゃないのか?とか
霊にとりつかれてる?とか考えて怖かった記憶があります
でも光は私がピンチの時は必ず・・・例えば歯医者とか肩を脱臼した時とかスキーで顎の下をぱっくり切った時とか
そんなにひどいピンチになった事はありませんが、必ず現れるのです

それが何かを探って行くうちに自分の意志で必ず現れるようになりました
スピリチュアルセミナーなどに通っていた時代、瞑想によって簡単に出会えるようになりました
そしてそれは自分の中にあるエネルギー体だと確信していったのです
そうわかればもう怖くもなんともない、自分自身なのですからいつも一緒にいるのはあたり前です

今日のような状況の時はさらに理解が深まります
寝ている私の体と見守ってる私の中のエネルギー
そして今日新たに気が付いたのですが、それを繋いでいるのが“意識”なんですよ
両方の中間にある意識
私の意識が両方を見守って繋いでいるのを強く感じました
どちらかに偏り過ぎてもバランスが悪くなります
永遠のエネルギーを持っていながらもこの地上で肉体を持って暮らしている現実
それを理解してうまく折り合いをつけてあげるのが人の意識なんです
意識をクリアーに保って、光を意識しつつも今この時を精いっぱい生きていく時代
生きるのは今、この時です!
[PR]
by cinderella-12 | 2012-04-25 23:48 | Comments(0)